還暦祝いに人気のプレゼントとは

還暦祝いに人気のプレゼントとは?

還暦のイベント

御近所との関係が希薄になる中、最も意識して大事にすべきなのは家族と言えるでしょう。 特に祖父母から離れて暮らす家族も増え続ける中で、祖父母を意識するだけでも違うものです。 自分の過去をさかのぼると、その家系がどのようなものであったのか理解する機会にも恵まれるのです。

CTスキャン

CTスキャン(シーティースキャン)の検査は、Computed Tomographyを略して、コンピューターの断層撮影です。 身体を画像撮影する検査で、CTスキャンでは身体の骨が白く空気は黒く撮影されます。 体調不良の精密検査では、部位や造影剤使用により異なりますが健康保険適用で約5千円程度の費用です。

特殊ながん検査

他の検査と併用での検査として、PET検査(ペットけんさ)があります。 PET検査は、Positron Emission Tomographyを略して、陽電子放射の断層撮影です。 がん早期発見のための特別な検査で、特殊な検査薬を使ってがん細胞がわかるものです。

家族を大切にする

還暦の由来は干支にあります。
非常にきりが良く、干支の組み合わせが一周して戻ってくることからその名がついたと言われています。
61歳が還暦で、賀寿の長寿お祝いでは年齢を数え年で数えても満年齢でもいいです。
次は66歳の緑寿(ろくじゅ)で、70歳が古希(こき)です。
それ以降は77歳が喜寿(きじゅ)、80歳が傘寿(さんじゅ)、81歳が半寿(はんじゅ)、88歳が米寿(べいじゅ)、90歳が卒寿(そつじゅ)、99歳が白寿(はくじゅ)、100歳が百寿(ももじゅ)といいます。
昔は人生がもっと短いと言われていたこともあり、現代の還暦年齢は、会社の定年の前後でもあって、見た目も若くイメージがわきません。
無病息災をお祈りするのであれば、時代に即したプレゼントをしてあげると喜ばれます。赤い衣服などがいいかもしれませんし、相応な酒やワインや器なども候補です。
誕生日に還暦祝いも一緒にしたり、正月や敬老の日や家族の集まりの際にあわせるなどファミリーの都合次第ですが、昔の還暦祝いは数え年の61歳になる正月から節分までの間にお祝いするものだったそうです。
還暦のお祝いのイベントとしては、お祝いの宴を持ちその場でお祝いの品をプレゼントしたり、両親を記念に旅行に誘ってみるのも喜ばれるでしょう。
還暦でもまだ、会社の現役社員であったとしても、良い機会としてプレゼントなどを渡す際には、今までありがとうございました、これからも元気でいて下さい、など是非に一言添えられる方が喜ばれます。

おすすめリンク

仏壇供養の費用について

仏壇供養は、どの位費用が掛かるのでしょうか?供養の方法お布施、引き取り等、相場を検証致します。