還暦祝いに人気のプレゼントとは?

>

CTスキャン

還暦からの健康に留意する検査

健康に留意して貰いたいと思っても母が専業主婦が長く1年に1度の健康診断すら受けていなかったり、人によって、環境などから健康管理の考え方の違いが顕著になる時期でもあります。
年々罹患リスクが上昇している肺がんは、胸部CTスキャン検査をします。
喫煙している人だけには限らず、肺がんが多くなっています。
胃がんや胃ポリープも発見できるX線検査も必要です。
消化器官の異常がみつかれば、胃の内視鏡検査で、十二指腸まで検査します。
肝機能や糖尿病は腹部の超音波検査や血液検査などで血中脂質や血糖値を検査し、心臓の心電図も継続して行います。
胃がんのX線検査までは行います。
隠れ脳梗塞を見つけるための全身スクリーニング検査も大切です。
MRIやPET検査を行います。

家系図に興味あり

なかなか機会がないと、自分のルーツについて両親に確認することもありません。
記憶を聞いて戸籍を辿るには、まず自分の本籍地の市町村区自治体の役所の戸籍係等の部署に行き、所定用紙に必要事項を記載し1通につき数百円の手数料を現金で支払って取得出来ます。
直系親族の証明書は取得可能なので両親や祖父母や曾祖父母は一緒に取得すると辿り易いです。
遠隔地でも各自治体のホームページで確認して、郵送で取り寄せられます。
本籍地、筆頭者(戸主)、請求する戸籍や除籍証明書等の種類の必要枚数と、自宅で保管のため等の請求理由を記入します。
請求者が必要事項記入し、請求者の運転免許証コピーや、対象者の関係を示す証明書、郵便定額小為替、切手を貼った返信封筒を同封します。
返信封筒は請求者宛で、表書きに請求者住所氏名とその下に「行」と書いておけば返信の際に自治体担当から「様」に書き換えて証明書と領収書を入れて返信されます。


この記事をシェアする