還暦祝いに人気のプレゼントとは?

>

特殊ながん検査

MRIとCTスキャン

MRIは、Magnetic Resonance Imageを略して、磁気の共鳴画像です。
MRIは磁気共鳴により撮影され画像にして診断します。
かなり音がうるさいと、検査した方はおっしゃいます。
MRI検査中の数十分の間、機械からの磁気共鳴の音は大きな音でガンガンと鳴ったりブザーが鳴ったりでも、専用ヘッドホンなどで耳を押さえて防いでいますので、うるさい音については心配しなくても大丈夫です。
MRIは機械に入る前に検査着に着替え、金属探知機で全身確認されます。
MRI検査では、磁気で身体の中の画像を撮影します。
脳腫瘍や乳がんなどの検診が一般的に行われています。
MRIは、骨と空気との区別がされない特性があるため、骨の検査にはMRIは適さないそうです。

PET検査の診断

PET検査は、がん細胞の性質を利用して行う検査です。
がん細胞がブドウ糖を取り込んでいくような性質から、結果を診断出来ます。
点滴で検査薬投与した後に機械で撮影して、 極小のがん細胞だけを見つけられます。
PET検査により今まで発見の困難ながん早期発見が出来るようになりましたが、全部のがん細胞検査に最適ではありません。
胃や食道等に発生する超早期のがんや、極小のがん細胞が散らばっている状態や、糖が必要でないがん細胞には、まれに発見出来ないこともあります。
脳や心臓、肝臓、腎臓、胆道がん、一部の肺がん、胃がんなどです。
糖尿病の血糖値が高い人は、PET検査での診断が難しいそうです。
正常な箇所の状態と判別出来ない、反応が出ない場合などは、見つけられません。


この記事をシェアする